menu

タイプ別 4つのお腹のチェック

お腹の脂肪を落とすには、自分のお腹が出ている理由を知る事と、その理由にあったエクササイズ方法を選ぶことです。
お腹タイプ別をご紹介いたします。

皮下脂肪タイプ

女性に多い「皮下脂肪」タイプ

お腹周りのお肉が気になる女性のほぼ半数以上が皮下脂肪タイプです。
皮下脂肪は柔らかいので掴みやすく、タプタプしているのが特徴です。
女性は男性よりも筋肉が少なく、体を冷やさないように皮下脂肪が付きやすくなっていて、特に下腹部は子宮や卵巣がある為、冷えや衝撃から守るために皮下脂肪が付きやすい傾向にあります。

内臓脂肪タイプ

油っこい食事などが原因「内臓脂肪」タイプ

内臓脂肪は皮下脂肪と違い胃、腸、肝臓などの内臓周りに脂肪がつく事を言います。
内臓脂肪がついてしまう主な原因は3つあり、「油っこい食事の摂り過ぎ」「お酒の飲み過ぎ」「運動不足」と言われています。
皮下脂肪がつきやすい女性に対して、内臓脂肪は男性につきやすい傾向があります。

下腹ポッコリタイプ

下っ腹ぽっこり「便秘」タイプ

女性に多い便秘もお腹をぽっこりさせる原因の1つです。
便秘が長引くとお腹が苦しい、下腹が出てスカートやパンツが穿けないと言う事も起こります。
大腸に便がとどまっていると、栄養素だけではなく、老廃物や毒素まで吸収し、体の冷えやむくみの原因になる上、基礎代謝も下がり、どんどん痩せにくい体質になってしまいます。

内臓下垂タイプ

内臓が下がっている「内臓下垂」タイプ

運動も食事も気にかけ体重はちゃんと落ちているのに、なぜかお腹ぽっこりが解消されない場合、それは内臓が下がっている「内臓下垂」が原因かもしれません。
内臓下垂とは、腹筋など胴体の体幹の筋肉が足りなくて、内臓が本来ある位置より下に垂れ下がってしまっている状態です。
内臓を支える筋肉(体幹)をつける事が効果的です。

お問い合わせはこちら