menu

コレステロールの上限値がなくなる

こんにちは。
浜松市東区丸塚町にあるパーソナルトレーニングジム「スポルタ」代表の青柳です。

今日は知って得する健康情報をお伝え致します。
「コレステロール」についてです。
いまだにコレステロールが高いと良くないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
卵は良くないと思っておられる方がいますので、新しい情報と併せて書きます。
皆さん知ってますか?コレステロールの上限って現在ないんですよ?

アメリカで2015年に、コレステロールの摂取の制限と、上限をなくすと発表があったそうです。
いまだに卵は1日1個しか食べてはいけないと思っておられる方が多いので、
卵をいくら食べてもコレステロール値は高くならないし、食べなくってもコレステロール値は下がりません!
なぜなら、食事由来の2割では足らないので、不足分の8割は肝臓で作られるからです。
LDLコレステロールは悪玉、HDLコレステロールは善玉と勘違いされている方、違いますよ!
LDLは運搬車、HDLは回収車。どちらも大事です。
LDLコレステロールは命を支えます。
数値が190以上ある人で遺伝子病の有無を検査し、なにもなかったら問題ないらしいです。
HDLコレステロールは細胞が壊れた時に高くなると言われています。
えっ!? 細胞が壊れる!?どんな時に壊れるの?

アルコールの飲みすぎや薬物、ハードな運動、栄養不足です。コレステロールに関しては、沢山の情報が、新聞や本に出ています。
中を見るとコレステロールが悪いという話はほとんど出てきていません。
反対に高い方が良いという情報だらけです。なのになぜ伝わらないのでしょう??
コレステロールは、大事な身体作りに必要なタンパク質を含む食品に多く含まれています。
気にするとタンパク質が不足してしまいますので、毎日、卵だけなら3から4つ、お肉だったら300~500gは食べる努力をしましょう!
摂取した食事内容で身体は作られていきますよ!是非、ご参考にしてみてくださいね。

水野裕子さんがご来店くださいました!

先日、タレントなどでご活躍されている水野裕子さんが、弊社「スポルタ」にご来店くださいました。
水野裕子さんと言えば、女性芸能人NO,1アスリートとしてもご活躍されていて、パフォーマンスや体型維持においても日々、トレーニングをされているとお話しくださいました。
また食事・栄養においても勉強されていて、その日の体の変化や体調によって、「量」「質」「食べ合わせ」を変えながら常に健康をキープされているようです。
貴重な経験ができました!

関連記事

  1. 身体を変えるにはイメージが重要

  2. 食欲を抑える方法

  3. 痩せる朝の習慣

  4. 痩せる朝の習慣

  5. 水分補給の大切さ

  6. 痩せる1番の近道とは?

お問い合わせはこちら