menu

筋肉痛の時に筋トレはしても良いのか?

こんにちは
浜松市東区丸塚町にあるお腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニングジム「スポルタ」代表の青柳です。

今回の投稿テーマは筋肉痛の時って「筋トレ」していいの?
この質問一週間に1回くらいのペースで実はお客様から頂くことが多い内容なんです。

「筋肉痛の時にウェイトトレーニングはしないほうがいいですか?」と・・・・ 

これはいつも同じ返答をするのですが、基本的に「しないほうがいいですよ」と答えております。
ちょっと考えれば誰でもわかる事だと思いますが、気にかける方が案外多いのが事実です。

そんなに痛い時にでもトレーニングしたいんでしょうかね?笑
おそらくですが、このようなご質問をされる方のほとんどが「筋トレビギナー」の方達ではないかと推測されます。

気合一発、今年こそかっこいいカラダになってやるぜ。・・・と、筋トレをがっつり始めて見ました!
しかし身体が追いつかず当然のように筋肉痛に陥り ・・

・・・・・でも、始めたばかりなので当然モチベーションめっちゃ高い状態ですから、
できるだけ早く結果を出したい!
筋肉をつけたい! この時間が勿体無い!

筋肉痛の時にトレーニングしても大丈夫なのかなあ
という心理に陥り、たまらず質問をしてくる・・・・・
というパターンなのではないでしょうか?
まあ、気持ちはよくわかります・・・・・

【筋肉痛の時にトレーニングを休んたほうがいい理由】

一つは、まず大前提として
「大抵の筋肉痛は2~3日でなくなる」ということがあります。

つまりそういうご質問をしてくる方は、
トレーニングをして筋肉痛が出ている状態・・・
つまり筋トレ後あまり時間が経っていないことが予想されます。そういう筋トレビギナーの方はモチベーションが高いので、

「毎日トレーニングすれば早く筋肉がつく」
「筋トレしていない時間が勿体無い」

と感じているかもしれませんが・・・・筋肉をつけたかったら、
筋トレと筋トレの間は48時間から72時間あけることが基本となります。

その休息期間の間に「超回復」が起こって「筋肉が合成されて」筋肉がついていきます。

筋トレ後はきっちりお休みを入れてあげることが大事なのですが、
この休みをいれずに「トレーニングしても大丈夫ですか?」と聞いてきている可能性が高いように僕は思っています。

なので「休みましょう」とアドバイスします。

私もも筋トレして、新しいトレーニングをすると筋肉痛になります。
しかし、次のトレーニングまである程度期間を置くので、次の筋トレ時にはその筋肉痛は無くなっていることが殆どです。

つまり「筋肉痛の時にトレーニングする」なんて事態がそもそもおこらない事の方がむしろ普通です。

もうひとつは「筋肉痛の時にレーニングしたって、まともなトレーニングができない」ことが挙げられます。

だって・・・・痛いんですよね?
だったら、痛くていつもの重さと回数、セット数のトレーニングできないですよね?

つまり、「質の低い」トレーニングをする可能性が高く、また痛みによっていつものフォームができないことも考えられるので「怪我のリスクが高い」ことも予想されるんです。

また筋肉をつけたかったら、最大挙上重量の67%以上で少なくともトレーニングしなければなりません。

しかも回数は

・67%だったら15回

・70%だったら12回

・75%だったら10回

・80%だったら8回

・85%だったら6回

と、扱う重量と回数は決まっており、さらに、これを90秒から2分インターバルで3セット以上行わなければなりません。

痛くてこれより低い重さ、低い回数、少ないセット数しかできないトレーニングは、正直やっても無駄なレベルのトレーニングになります。
どうせ後1~2日休めば筋肉痛なんてとれますし、また、何回か同じトレーニングをしていれば、大抵筋肉痛は出なくなるものです。

だったら、1~2日ちゃんと休んで、筋肉痛のとれた万全の状態で、しっかり上記の重さと回数・セット数をこなせる
「質の高いトレーニング」をきっちり行っていただいた方が筋肉はつきやすいと言えるでしょう。

最初の頃は、なまじやる気に満ち溢れているので、逆に焦りやすいとも言えますが「急がば回れ」というほどではないにしても、
「適正な休息期間」をちゃんと作ってトレーニングしていく習慣をつけていただきたいなと思います。

「筋肉痛をあてにするな!」

さらに1週間に何回かこのような質問をいただきます。

筋トレをしてるんですけど、最近筋肉痛が来なくなっちゃいました。
追い込みが足りないのでしょうか?・・・と。
その度に僕は「筋肉痛はあてにしないでください」と答えています。
まず、大前提としていっておかなくてはいけないことは、筋肉痛は未だに細かいメカニズムが判明はされていないということです

もちろんこれは世界中で研究されていますが、本当のところは未だによくわかっていないというのが現実なんです!
よく言われるのが、「筋トレによって筋肉に微細な損傷が生じ、それが痛みを伴っている」というものです。
近年では、この定説は「違うのでは?」ということで概ね見識が一致してきています。
えっ?と思われる方多いと思いますが本当です。

今回の投稿が参考になれば嬉しいです。

水野裕子さんがご来店くださいました!

先日、タレントなどでご活躍されている水野裕子さんが、弊社「スポルタ」にご来店くださいました。
水野裕子さんと言えば、女性芸能人NO,1アスリートとしてもご活躍されていて、パフォーマンスや体型維持においても日々、トレーニングをされているとお話しくださいました。
また食事・栄養においても勉強されていて、その日の体の変化や体調によって、「量」「質」「食べ合わせ」を変えながら常に健康をキープされているようです。
貴重な経験ができました!

関連記事

  1. ダイエットに必要な3つのサイクル

  2. 痩せる為の行動リスト

  3. ご体験の空き状況のお知らせ

  4. 浜松市内のパーソナルジム比較

  5. 利用状況(予約枠)についてのお知らせ

  6. (増税)料金改定のお知らせ

お問い合わせはこちら