menu

カルシウムの働き

こんにちは。
浜松市中区細島町にあるパーソナルトレーニングジム「スポルタ」代表の青柳です。
本日は「知って得する健康情報」をお伝えします。今回のテーマは「カルシウム」の働きについてです。

カルシウム=骨の材料。皆さんのイメージはこんな感じでしょうか?実はカルシウム。骨の材料になるだけではありません。

カルシウムとは? ➡ 人間の体の中で一番多いミネラルで99%は、骨や歯にあります。では、残りの1%は??
この残りのたった1%のカルシウム。実はとっても働き者なんです!!
【カルシウムの働き】
・出血を止める
・神経の活性をコントロール
・ホルモンの分泌を促す
・筋肉の正しい運動をコントロール
他に、筋肉・心臓・神経など、全身で働いています。

カルシウムは骨の材料になるだけではなく、体全身に欠かせない必須のミネラルなのです。

食事でとったカルシウムはどうなるの?
カルシウムは、小腸から吸収されて、血液の中に入ります。そして、血中に必要な分を残して、残りを骨に蓄えています。
骨は体を支えると同時に、カルシウムが不足した時のために、いつでもカルシウムを出し入れできるようにストックしている倉庫みたいなものです。
カルシウムが不足すると?血液中のカルシウムが足りなくなり・・・自分の骨を溶かしてカルシウムにします。
いつもカルシウムが不足していると、骨を溶かし続けることになるので、骨がスカスカに!
骨そしょう症になってしまいます。

生理痛対策の時の図を、もう一度見てみますね↓

筋肉が運動する時の(収縮と弛緩)細胞の様子です。

脳の命令によって、カルシウムが細胞の中に入ると筋肉は縮みます。
そして、カルシウムが細胞の外に出ると、筋肉はゆるみます。

このようにカルシウムが、細胞の中と外を出入りすることで、筋肉は正しい運動ができるんです。

もう、お気づきですか?
筋肉をゆるめる時、細胞の外から、マグネシウムが掃除機でカルシウムを吸い出していましたね。
そうなんです!!
カルシウムは一緒に働く仲間であるマグネシウムがいないと正しい働きが出来ないんです!

カルシウムに相棒がいたなんて知らなかった~
次回はカルシウムの相棒「マグネシウム」についてお話しますね。

水野裕子さんがご来店くださいました!

先日、タレントなどでご活躍されている水野裕子さんが、弊社「スポルタ」にご来店くださいました。
水野裕子さんと言えば、女性芸能人NO,1アスリートとしてもご活躍されていて、パフォーマンスや体型維持においても日々、トレーニングをされているとお話しくださいました。
また食事・栄養においても勉強されていて、その日の体の変化や体調によって、「量」「質」「食べ合わせ」を変えながら常に健康をキープされているようです。
貴重な経験ができました!

関連記事

  1. 花粉症対策について~最終回~

  2. 睡眠について①

  3. ストレスから病気になる

  4. 便秘について①

  5. 肌の美容について③

  6. タンパク質の摂取量について

お問い合わせはこちら