menu

ぐっすり寝れない・・・

こんにちは。
お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニングジム「スポルタ」代表の青柳です。

今日は睡眠についてお伝えします。
入会して頂いているお客様でもこんなお話しを伺うケースもあります。

昔は、寝たら、すぐ朝!!だったのに。ぐっすり寝れたのに~

睡眠の流れ
人は睡眠に入ると、最初に深い睡眠が現れ、90~100分のサイクルでレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。
ノンレム睡眠は、後期では次第に浅くなり、覚醒になり目覚めるそうです。

レム睡眠
・瞼の下で、目がキョロキョロ。
・浅い眠り。
・身体は深く寝ているのに脳は起きている。
・昼間の情報の整理をしている。
・金縛りがこの時に起こったり、夢を見やすくなるようです。

ノンレム睡眠
・深い眠り。
・脳は眠っている。
・成長ホルモンが多く分泌されて、身体はメンテナンス(修復)をしている。

脳は日中だけ働いていると思っていませんか?実は・・・睡眠中の脳が一番働いています。

睡眠って、脳と身体が休むだけではなく、昼間より仕事しているんです。
(メンテナンス)

子供や若い人は、日中の活動量が多い上に、毎日新しい情報が入り、今までの古い情報を整理して記憶するのに、睡眠時間が沢山必要になります。
(成長とメンテナンス)

それに引き替え年齢がいくと、活動量は減り、情報量も低下します。
(メンテナンスの必要性が低下)

ぐっすり睡眠はおかしいですね。
脳が仕事をしている時には、目覚めやすくなるので、夜中に何回も目が覚めることは悪いことではないです。

寝られない!ということで、安定剤、睡眠薬でぐっすり寝かされるのは、脳が退化すると言われているドクターもいます。
薬でぐっすりは脳の仕事をストップ、失神に近づけているらしいです。
出来るだけ薬なしで頑張りたいものですね。

水野裕子さんがご来店くださいました!

先日、タレントなどでご活躍されている水野裕子さんが、弊社「スポルタ」にご来店くださいました。
水野裕子さんと言えば、女性芸能人NO,1アスリートとしてもご活躍されていて、パフォーマンスや体型維持においても日々、トレーニングをされているとお話しくださいました。
また食事・栄養においても勉強されていて、その日の体の変化や体調によって、「量」「質」「食べ合わせ」を変えながら常に健康をキープされているようです。
貴重な経験ができました!

関連記事

  1. 栄養をしっかり摂りましょう

  2. 理想的な運動頻度とは?

  3. 夏期 休館日のお知らせ

  4. ◆新年◆モニターキャンペーン~残り1名~

  5. 9月度 体験募集(後半)

  6. ◆新年1月ご体験募集のご案内◆

お問い合わせはこちら