menu

デザートを食後に食べる理由

こんにちは。
浜松市東区丸塚町にあるダイエット専門パーソナルトレーニングジム「スポルタ」代表の青柳です。
本本日は知って得する健康情報をお伝え致します。

テーマ:デザートの話し

デザートの話と言っても美味しいお菓子の作り方や、人気のお店の紹介などではございません(笑)

子供の頃、ご飯を食べる前にお菓子を食べていたらデザートは食後にしなさい!
とよく叱られたものですが、
実はこの食後にデザートを食べると言う事は凄く理にかなっていて大切な事なのです!

なぜデザートは食後の方が良いのか?
これにはどの種類の糖(ブドウ糖or果糖)を先に食べるかが大きく関わってきます。

こんな経験ありませんか?
食事の時間まで甘い誘惑に勝てず、小腹がすくとチョコレートなどを軽く食べてしまう・・・

この甘い誘惑の多くには甘さを出すために、お砂糖(ショ糖)を多く使います。
このお砂糖(ショ糖)はブドウ糖と果糖で出来ています。
そして人の体はブドウ糖より先に果糖を優先して処理します。
では何故、果糖を先に処理するかと言いますと、果糖は血中に入るとベタベタと血中タンパク質などと結合する為危険です。

なので肝臓で脂肪酸(中性脂肪やコレステロール)に変えて、ブドウ糖より先に処理します。
この果糖を中性脂肪に変えている間はインシュリン作用を抑制し、ブドウ糖を筋肉やその他の組織に取り込むことや肝臓にグリコーゲンとし貯めることが出来ず、血糖値はだらだらと上がります。
このような事を繰り返していると糖尿病になる可能性も出てきますので侮れないですよね。

お腹が空くと言う事は脳がブドウ糖を求めているサインなので順番に、ブドウ糖(ご飯、パンなど)タンパク質(卵、肉、魚など)を先に食べてから、お楽しみのデザートを食べることが大切です(^^)
そしてこのデザートを摂ることの大きな目的は脂肪を摂ることにあります。

よく、「脂肪を食べたら太るやん」と悪者にされますが脂肪は体作りにとても大切で、心臓、筋肉 皮膚、骨などはエネルギーとして脂肪を使います。
人は動かなくても1日約100gの脂肪が必要です。(活動量によっては200g以上必要なこともあります)
しかし100gの脂肪を食事から摂ろうとすると、お肉だと600g位食べないといけないので、実際はなかなか難しいですよね。

そこで効率よく脂肪を摂るに向いているのが果糖を含むデザートなのです。
アイスクリームだとカップのアイス(180m?)位が適量だと思います。

少し話が長くなりましたが、先にご飯やお肉を食べ後にデザートを食べると言う事は、ブドウ糖やタンパク質、脂肪を効率よく摂る為に大切な事です。
そしてビタミンやミネラルはどうしても食事だけではとることが難しいのでサプリメントを活用してもらう事が良いと思います。
だからと言って過剰なデザートの食べ過ぎは膨よかな体になってしまうのでご注意くださいね!

◆パーソナルトレーニングジム・スポルタ◆
〒435-0045 静岡県浜松市東区丸塚町543-19 3F
080-9490-4309
【ホームページ】
https://www.suporuta.com
【Instagram】
https://www.instagram.com/suporuta1001/
【LINE@】
https://line.me/R/ti/p/%40ypp0108d

 

水野裕子さんがご来店くださいました!

先日、タレントなどでご活躍されている水野裕子さんが、弊社「スポルタ」にご来店くださいました。
水野裕子さんと言えば、女性芸能人NO,1アスリートとしてもご活躍されていて、パフォーマンスや体型維持においても日々、トレーニングをされているとお話しくださいました。
また食事・栄養においても勉強されていて、その日の体の変化や体調によって、「量」「質」「食べ合わせ」を変えながら常に健康をキープされているようです。
貴重な経験ができました!

関連記事

  1. タンパク質を摂取しましょう①

  2. スポーツと栄養①

  3. タバコの話②

  4. 糖質制限ダイエット①

  5. 肌の美容について②

  6. 冷え性対策②

お問い合わせはこちら