menu

水野裕子さんがご来店くださいました!

先日、タレントなどでご活躍されている水野裕子さんが、弊社「スポルタ」にご来店くださいました。
水野裕子さんと言えば、女性芸能人NO,1アスリートとしてもご活躍されていて、パフォーマンスや体型維持においても日々、トレーニングをされているとお話しくださいました。
また食事・栄養においても勉強されていて、その日の体の変化や体調によって、「量」「質」「食べ合わせ」を変えながら常に健康をキープされているようです。
貴重な経験ができました!

ストレスで病気になる?

こんにちは。
お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニングジム「スポルタ」代表の青柳です。

今日はストレス関連のお話をします。参考になさってくれたら幸いです!

では早速・・・

 

ストレスがかかった状態では、身体の中でどんな事が起こっているのか?
簡単にまとめてみました。

●ストレッサーが降りかかってきた!

●交感神経が働く!

●アドレナリンやノルアドレナリンなどが、アミノ酸から生成されます。
(ビタミンCなどが消費される)

●副腎でコレステロールから、ストレスに対抗するホルモンが出ます。

結果として、血圧が上がり、アミノ酸からブドウ糖が作られ、血糖値が上がります。

副腎が腎臓の上にあるのは、副腎が腎臓に働きかける為なんです。


身体の中では、これから戦うぞ!という準備をします。
(ビタミンB群も消費される)

血圧上げる!
心拍数上げる!
代謝上げる!
眠れなくする!
血糖値上げる!
免疫を抑制する!


しかし、これが長引くと…

さらに免疫力低下(身体の修復は後回しになり、守る力も落ちてしまう)

ストレス状態が長引くことで、いろんな病気になったりもします。

例えば、ストレスがかかった状態が半年以上に及ぶと、糖尿病になったり、胃潰瘍になったり、女性だったら、生理が止まったり、子供は身長が伸びないとかもあるそうです。

その他にも、高血圧、心臓疾患、神経症、消化器疾患、呼吸器疾患、アレルギーなど。

そうなんです!

ストレッサーが多くても、健康を維持できている人がいます!

例えば…花粉多くても出ない人、花粉少なくても花粉症の人…あれれ?

ストレッサーが降りかかると、一番いい状態を維持しようと頑張ります。
いい状態を維持することを、恒常性というそうです。

血液検査は、恒常性を保てているかの目安になったりするんですね~

関連記事

  1. 4月 休館日について

  2. 新しいトレーニング アイテム

  3. 良質なタンパク質

  4. 7月限定 モニター募集

  5. モニター会員 限定1名 募集

  6. 代替テキスト

    1月 ご体験募集

お問い合わせはこちら